海の動物ミニチュア博物館

Marine Animal Miniature Museum
海の動物ミニチュア博物館にようこそ!!
 クジラ、イルカ、アザラシ、ペンギンなど、魅力的な海の動物たちの姿を、25分の 1(1メートル=4センチ)に小さくして、
リアルな模型として展示しているのが、この博物館です。素材は木や紙粘土。 手作りのオリジナル作品、300点以上を展示しています。

NEWS

北海道登別市 「知里幸恵 銀のしずく記念館」にて
寄贈−高橋俊男ミニチュア展

シャチに関連するアイヌ民族の工芸品のミニチュアなどを展示しました
詳しくはこちらをご覧ください



鴨川シーワールド 「高橋俊男 世界の海獣模型展」
2013年3月15日〜2013年9月15日

詳しくはこちらをご覧ください

海の動物ミニチュア博物館 −海の動物たちに魅せられて−

イルカ、クジラ、アザラシ、ペンギン、サメなど、魅力的な海の動物たちを、25分の1(4メートル=1センチ)に縮めて、皆さんの身近にご紹介します。素材は木や紙粘土。小さなものは1センチのものから、大きなものは1.2メートルまで、手作り模型だからこそ実現できる夢の世界がここにあります。

悲しいことに、人間の手により、もう地球上から姿を消してしまった動物たちもいます。また消えようとしている動物たちもいます。人間の手により絶滅の危機にさらされ、同じ人間の手により助けられた動物たちもいます。

海を汚し、動物たちを追い詰めているのは、私たち全員です。この動物たちといっしょに、この地球上に生きていきたいと願えば、人間も動物たちも、ともに生きていくことができます。この動物たちが生きていけない地球で、私たちが生きていけるはずがないのですから。

ここに登場する動物たちを好きになって、いっしょに生きていこうと思うようになれたら・・・。そんな願いをこめてみました。

さあ、北極から南極まで、夢の船に乗って、さまざまな動物たちに会いにいきましょう。

                                      
                                      海のミニチュア博物館 館長 高橋俊男
 館長(作者)プロフィール 

  ご案内
 北海道とシャチ NEW
 展示館ご案内
 クジラ館
 海牛館 
 絶滅したクジラ館 
 サメ館  
 アザラシ館
 イルカ館 
 ペンギン館 
 絶滅動物館 
 リンク
 写真集

館長 高橋俊男は、2011年8月に病気のため、召天いたしました。
作品は鴨川シーワールドを通して、東京海洋大学へ寄贈し、今後常設展示となる予定です。

2011年12月12日−2012年1月31日 東京海洋大学水産資料館にて、特別展[高橋俊男 世界のクジラ模型展が行われました。作品の一部は現在もご覧いただけます。今後の予定など、随時お知らせいたします。

まだ紹介していない作品もあります。少しずつではありますが、皆様にご覧いただけるよう続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
                                  (館長 秘書:高橋 結花)
 2014.7月3日更新